鯨(クジラ)ベーコンの関太郎ブログ☆くじらんど。食べランド

関太郎印のくじら専門店・東冷公認ブログ

鯨ベーコン、竜田揚げ、さらしクジラ、塩クジラ、赤身の刺身、、、の事なら関太郎印のくじら東冷におまかせ!
★★★ ぜひ、【関太郎印のくじら専門店・東冷ホームページ】へお立ち寄りください♪お待ちしてます!★★★
<< 購買促進コンサルタント | main | お料理一口ポイント >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| 2012.05.02 Wednesday () | - | - | - |
塩くじらの話
 さて、塩くじらのお話しですが、
 
現在、高速道路のサービスエリア・パーキングエリアスーパーマーケットにあるものはイルカ類が多い。
今は原材料を鯆(イルカ)と表示しなくてはならない。
塩くじらは北部九州山側には多く、大分、日田や湯布院などを抜けて
別府や中津など大分でも食べられます。
イルカの塩くじらは、500g1000円くらいととても安いが、
繊維質や筋がないため、レバーの様
色素が濃いので色が黒く、焼くと臭い。
 
東冷の塩鯨は調査捕鯨の鯨を使っているので、
色素も薄く、臭みもない。
繊維質や筋もあり、お好みのサイズに割いて食べる。
 
塩鯨を好きな人は結構その筋が好きらしい
 
くじら肉は高タンパク、低カロリー、低コレステロールで、
塩鯨は塩分、ミネラルがあるため
 
昔から、炭鉱の町である九州北部や山口で
貴重な食料源となりました。
 
また、全国的に昔は山側の土地では、
新鮮な生魚がなく、塩干品を食しており、
鯨もよく食べられていたという。
 
このように、昔を懐かしむように、塩鯨というものが
今でもあるという
お話でした。



| 2010.01.29 Friday (20:10) | くじら知識・情報局 | comments(0) | - |
スポンサーサイト



| 2012.05.02 Wednesday (20:10) | - | - | - |
Comment
Comment









PROFILE
☆ご贈答にもご利用ください☆
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ベルーナ【訳あり】情報
ベルーナ グルメショッピング/My Wine Club
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS